信じるということ

信じる - かりんさんより

超自然水を使用して約一ヶ月弱になります。 愛子さんには不安があるとメールをだし、相談に乗って頂いていますが、 掲示板に出すのは初めてです。なんか、ドキドキします! 使い始めて、やはり皆さんと同じようにリバウンドを起こしている最中です。 私は大きなにきびはできたことがありませんが、きめが粗く、毛穴も頬や あごは開いていて小さいにきびができやすい肌です。 今はかゆかったり、今までできたことのない(決まったところしか できなかったので)ところにあかくポツポツにきびのようなものができたり、 角栓もいっぱい出てきて、肌はガサガサ、カユイの状態で、水で洗顔しても 肌触りはいいものではありません。 どんなにわかっていても常に不安になしますが、掲示板を読むと頑張ろうって 気持ちになります。 その中でハッとさせられた言葉がありました。  どのくらい前に書かれた方なのかわかりませんが、せいこさんの体験談の中で、 超自然水のことを信じる・信じないに関しての文で 「よ〜く考えてみれば、生まれたてはみな同じ なのです。特別という事はないのです。 悩んでいると自分は特別なんだという 感情が入ります。 (中略)先ずは、自分の肌を信じて特別じゃないと 思うことだと思います。 超自然水で克服するということよりも、 先ず自分の肌の力を信じてみたらどうでしょうか?  そういう気持ちが出てくると、 酷くなっても大丈夫克服できるという気持ちが出て くると思います。 超自然水は、肌の力を信じるということを教えてくれました。 超自然水と出会えてラッキーだった。 」 という文があるのですが、私はこれは肌だけの悩みでなくても同じことが いえるのではないかとドキっとしました。 本当に悩んでいる時は、世の中で一番悩んでるような気になり、 上手くいっている人を羨ましく思ったり、嫉妬したり、 「それに比べてどうして私だけ〜なの?」と思ってしまいます。 でもそういう状態って何かきっかけがないと抜け出せないんですよね。 でもせいこさんの言葉に、 「私には自分を信じることが足りなかったのではないか。 でないと答えなんて見つからない。」と気づかされました。 こういうことは頭ではわかっているのですが、 だからすぐできるかっていうと難しい場合もあると思うのです。 今私はいろいろなことで悩んだり、不安に思うことがたくさんあります。 仕事のこと、結婚のこと、将来のこと等、肌のこと以外にたくさんあります。 でもまず自分を信じてみよう!という気持ちになりました。 自分を信じないで、誰が信じてくれるだろうと・・・。 せいこさんの言葉だからこそ、心を打たれたのだと思います。 本当に辛い思いから立ち直ってきた人の言葉には、 とても重みがあります、深みがあります。 人ごとだと思う人から言われてもなんとも感じません。 この「信じる」って言葉、自信がないとなかなか 出てこない言葉だと思います。 肌のことでなく、話が全く違ってしまい、 皆さんごめんなさい。 でも私は皆さんの書き込みに非常に励まされてます。 今人と面と向かって話すのはとても辛いです。 「肌荒れしてて化粧できない」とか友達には 笑ってごまかしていますが、 「ほんと、荒れてるねー、どうしたの?」とつっこまれるとけっこう ショックだったり(笑)。 でも人生のうちのほんの何ヶ月かのことだと思い、直ってきれいになって、 スッピンで平気で歩いてる自分の方がこの先長いんだーと思い、 頑張ろうと思います。 でもたまに凹む時があると思うので、 その時は愛子さんや皆さんに勇気をもらいに行きます。 これからも宜しく (^0^)/

すばらしいご投稿ありがとうございます。 - 新

かりんさんがここで書かれていらっしゃること、まったく同感です。 こういう誠実な方の文章を読むとこちらも心を洗われるような気がします。 そして思わず『頑張って!!』って声を上げたくなります。 ニキビに限らず悩みを持っている人のだれもが『自分だけ人より劣って いるんじゃないか?? 一生この苦しみから逃れられないのではないか??』 という不安に襲われます。つまり自分のことが信じられないで 悩んでしまうんですね。 自分を信じること=自信を持つことがすべての悩みを解決する唯一の方法 なのだと思います。 もっと具体的に言えば『自分は必ず良くなっていくと思いこむこと、 そういう自然の力が備わっていることを認めること』でしょう。 これってあらゆる分野で成功をおさめた人のだれもが口をそろえて 言っていることなんですよね。 本当に苦労した人たちが、かりんさんのような意識まで到達するように、 長い目で見ればニキビやアトピーで悩むことも決してむだではないのだ と思います。