ニキビとアトピーのQ&Aへ戻る

敏感肌なのですが

生まれつき敏感肌の体質あるいはアトピー体質という人は確かにいるようです。 普通の人がさわったり食べたりしてもまったく平気なのに、その人の場合はひどい アレルギー症状がでたりしてしまいます。おそらく遺伝的なものでアレルギーの因子が DNAの中に組み込まれているのでしょう。 たとえ敏感肌の体質であっても化学物質やその人特有の刺激物を避けるようにすればアトピーなどを 悪化させたり急激に発症させることはないわけですから、ただ闇雲にステロイドなどの薬を塗り続け、 症状を重くしてしまうことは避けなければいけません。 ところで、もうひとつ問題なのが、最近とくに増えているという自称『敏感肌』の問題です。 皮膚科の先生が腕などでパッチテストをすると、アレルギー等の反応も出ず『敏感肌』では 無いそうなのですが、顔だけは発疹が出たりと『敏感肌』なのだそうです。 これはひとえに過度の化粧品の使用に原因があるようです。強力なクレンジングなどを使い、 古い角質、余分な皮脂を取ると言うより、必要な角質、皮脂まで取ってしまい肌のバリケードが 無くなり、無防備な肌になってしまってる可能性が高く自分で『敏感肌』にしてしまってる人が たいへん増えています。 また多くの化学物質を含むファンデーションや化粧水などを使用し続けることが結果的に肌の力を 弱めてしまっています。 ご自分で『顔だけ敏感肌』と感じていらっしゃる方は明らかにこれまで使用した化粧品などの影響で 皮脂膜が痛んでいると考えたほうがよいでしょう。 肌の皮脂膜が健全になれば多くの自称『敏感肌』は改善されるはずです。