ニキビとアトピーのQ&Aへ戻る

超自然水と強酸性水は違うのですか?

超自然水はもともと沖縄でとれる地下水で、ミネラルをたくさん含んだ体にとても良い水です。 その水を100万分の1ミリのアミでこし、雑菌を取り除き、体に染み込みやすくしてあります。 吹きつけると皮膚の善玉菌を急激に増やし、悪玉菌の居場所を奪ってしまいます。 一方、強酸性水は水道水を電気分解してつくる水ですが、殺菌作用の働きですべての細菌を 殺してしまいます。超自然水とはまったく考え方が異なっています。