ニキビとアトピーのQ&Aへ戻る

保湿剤をつけなくても大丈夫でしょうか?

ステロイドの離脱を経験された方やステロイドを使わずにアトピーの治療をおこなって いらっしゃる方のほとんどが、ワセリンやオイル、クリームといった保湿剤を使用するのを 当然のことと考えています。 しかし人工的につくられたこれらの保湿剤は、皮膚と外気を完全に遮断してしまうため 皮膚呼吸を妨げる結果になります。また外部から保湿剤を補う事は、本来人間が自前で 生産すべき皮脂をいつまでも外部に依存する結果となり、皮膚の自立ができません。 保湿剤の使用を絶ちきることがアトピー克服の避けられない道となります。 皮膚が自立をとげる1〜3ヶ月は乾燥が激しく辛抱が必要ですが、超自然水を吹きつけながら、 自然治癒力を高めていくうちに自前の皮脂の分泌が促され、健全な皮脂膜が作られるように なります。 その結果、徐々にアトピーの症状が落ち着き、薬に頼らない肌へと向かっていきます。