ニキビとアトピーのQ&Aへ戻る

部屋の湿度と乾燥対策について教えてください。

冬場、湿度の低い時期、皮脂膜の状態が完全でないアトピーやひどいニキビの方の場合、 保湿剤を使用しないと水分の蒸発が激しく、肌が乾燥します。 乾燥したら超自然水を吹きつけると同時に、加湿器を使って部屋の湿度を高めるのが 良い方法です。理想的な湿度は約60%です。 できれば寝ている間も加湿器を一晩中 使ってください。 ただ、結露が原因でカビなどが発生してしまう場合がございますので換気を十分行われてください。 又、お顔やお肌に直接蒸気があたらない場所に置くようになさってください。 寝る前にお部屋の空気中に霧吹きで超自然水を2,3回噴霧していただくのも良いと思います。 また空気の異常に乾燥した状態での吹きつけが反対に皮膚を乾燥させてしまう方も多いと思います。 しかし、超自然水の吹き付けを回数を増やすことで回復が早まった方もおられますので その状態は大変個人差があると思います。 お肌の様子を見ながら吹き付けを加減なさってください。 朝晩、2回の洗顔以外は吹き付けないという方法でも良いと思います。 加湿器から出る蒸気はかぶれの原因になることがありますので顔に直接吹きかけるのは 避けてください。 加湿器の中は雑菌が繁殖しやすいという欠点がありますので、 できるだけこまめに水洗いするようにしてください。 なお、湿度が充分な春から夏、秋の間は加湿器を使用していただく必要はありません。